れしぴこれくしょん時々韓流

いろんなお料理の本を片手に、怪しげな包丁さばきで日々、奮闘中。韓国人の夫との日韓交流(?)食生活を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古本屋さんの楽しみ

本に線を引いたり印を付けたりって、抵抗あるかどうか、はっきり分かれますよね。サラン。は、基本的には好きじゃない派。語学のテキストなんかは、ガシガシ書き込みますけど。って、最近、韓国語の勉強してないなぁ……(遠い目)


で、先日、古本屋さんにいったときのこと。料理本コーナーを物色していたら、「愛しのソウルごはん」という韓国の宮廷料理学校に留学した人が書いたを発見。エッセイとレシピで構成されてて、面白そう~とお買い上げ。


実はこの本、あちこちに赤いボールペンで線が引いてあって、◎とか△とかの書き込みが。松の実のおかゆは◎、海の幸のジョンは△、わかめのスープは無印……。これって、前の持ち主さん作ってみての評価?わかめスープは作ってないってこと??エッセイ部分にも、線が引いてあるのは、レポートとかの資料として使うため???ということは、前の持ち主さんは、栄養士を目指す学生さん????などと、想像するのが楽しくって。あんまりやりすぎたら、ストーカーみたいで怖いけど……。でも、こんなことがあるのも古本屋さんならではの楽しみ。また、近くに行ったら、立ち寄ってみよ~。

ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 

recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

 

 

 

スポンサーサイト

PageTop

カレーで暑さを吹っ飛ばせ

本当に暑い日が続きますね~。こんなときは「以熱治熱(イヨルチヨル)」。韓国の言葉で、熱い物を食べて、暑さを乗り切るということ。なので、参鶏湯(サムゲタン)は夏に食べるスタミナ食で、日本のうなぎのような存在です。日本人的には寒いときに食べたほうが美味しい気がするけどね。


 

というわけで、この前の休みの日、「暑いときはカレーもいいよね。熱いし、しかも辛くて。まさに『以熱治熱』だよ~」と、カレーを作ってみました。カレー粉もルーも使わない、本格的なやつ。レシピは「NHK きょうの料理ビギナーズ 08年07月号」より。カレーが特集で、ルーを使ったものから、かなり本格的なものまで、いろんなカレーが載ってます。


 

カレ-1


 

じゃーん、ココナッツミルクカレーです。南インドのカレーなんですって。スパイスも黒こしょう(粒のまま)、ターメリック、カイエンヌペッパー、コリアンダー、ガラムマサラの5種類。これで、ちゃんとカレー味になるから、ちょっと感動~。とはいえ、どうしてもカイエンヌペッパーが見つからなくって。レッドペッパーで代用したけど。でも、特に問題を感じず、本格カレーで大満足。心配したオッパの反応も「こういうカレー、好きだよ」ということで、ホッと安心。「まっ、辛いから美味しいんでしょう」と、大雑把に解釈。


 

韓国料理を食べてもあんまり汗をかかないサラン。ですが、このカレーはかなり辛くて、食べながら、汗がだらだら。「以熱治熱」効果は抜群!


 

カレ-2


 

このときのメニューは、作り置きのラタトゥイユ(これで最後)、きゅうりのキムチ、三つ葉、きゅうり、ささみのマスタードマヨ和え。相変わらず変な組み合わせだけど、いつものことということで。


 

インドのカレーだもの、ご飯だけじゃなくて、ナンとも食べたいよね~。ということで、2日目はナンも焼いちゃいました。そこまで書いてると長くなっちゃうので、ナンの話は改めて書きますね。お楽しみに~


 


ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 


recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

PageTop

久しぶりの衝動買い

雨が降っていると、外出が億劫で億劫で。数日前のこと、そんな気持ちを振り払って、「お引越しでずっと行けなかったから、雨は降ってるけど今日こそは」と、頑張っていったスポーツクラブ。やっとのことでたどり着いてみると……、休館日でした!


 

「せっかく出てきたのに。このままでは帰れない」と、近くの本屋さんへ。もうすぐボーナスだしと言い訳をしながら、久しぶりの衝動買いをしてしまいました。


 

まずは、会社の上司に「絶対読んだほうがいいよ」と薦められた帚木 蓬生さんの「三たびの海峡 」。タイトルの「海峡」とは、福岡と釜山の間の海峡のこと。戦時中の強制連行を描いた重い話ですが、ストーリーにひきつけられ、あっという間に読み終わってしまいました。「小説とはいえ、結末があまりに現実離れしてない?」と、突っ込みたくなる部分もありましたが。夫が韓国人という点以外にも、個人的に「そうか」と色々と考えさせられることの多い1冊でした。


 

そして、恒例のお料理本!!!


 

まず1冊目は、「オンマの台所―お母さんのごはんは家族の絆」を読んでから1冊欲しいなと思っていたジョン・キョンファさんのレシピ本。本屋さんに4種類ほどあったので、かなり迷った結果、「朝鮮の味、家庭の味 きょうも、おいしかったね。―キョンファさんちの朝鮮の味、家庭の味130」にしました。タイトルどおり、家庭料理が満載。この中からいくつが我が家の定番になるんだろうと、ちょっと楽しみです。


 

韓国料理だけじゃねと和食の本も。以前から気になっていた野崎洋光さん。1冊に絞りきれなくて……。「野崎洋光のおいしさの秘密―料理人の技と調理学の理論で知る」と「野崎洋光の秘伝・直伝・らくらく伝「和」のシンプルごはん」と2冊も買ってしまいました。「美味しさの秘密~」のほうは、レシピ本というよりも、料理理論の本。土鍋でごはんを炊く方法から、茶碗蒸し、煮魚、お澄ましの作り方など、じっくり読み込めば、日々のお料理に活躍してくれそう。そして、「秘伝・直伝・らくらく伝~」のほうは、テーマに沿ったレシピが一杯。和食の枠を超えて、カレー粉を使った炒め物とかパスタまで。松茸尽くしのメニューもあるんだけど、作る日はやってくるのだろうか……。


 

そして、最後はヤミーさんの新しい本。こちらも思わず2冊。「ヤミーさんの3STEP COOKING 2」と「ヤミーさんの3STEP朝ごはん―「おはよう」からあっという間!世界中の食卓の97レシピをお届け」。特に「朝ごはん~」のほうは、うっとりするようなレシピが満載。「朝からこんな素敵なメニュー、ベランダで食べられたらなぁ」と妄想ばかりが広がって。ヤミーさんのレシピはどれもお手軽だから、朝が弱いサラン。でも、たまには作れるかなぁ。作れるといいなぁ。


 

 

ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 


recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

 

PageTop

ケンタロウレシピは、やはり男性にウケがいいのか?

暖かい陽気のためか、ジャガイモの芽が出るのが早くなったような気が。昨日、ジャガイモの袋をのぞくと、やっぱり……。もうちょっとで手遅れになるところでした。冷蔵庫の豚肉も使えるいいレシピないかなぁと本をパラパラ眺めると、ありました~。


ジャガイモのカレ--


 



ご飯メニュー特集の「NHK きょうの料理ビギナーズ08年4月号」にぴったりのメニューが。新たらしく始まったケンタロウさんの連載の「豚肉とジャガイモの和風ドライカレー」。本当はサヤインゲン入りなんだけど、なかったので、人参入りに。お醤油とカレー粉の組み合わせがご飯進む~。オッパも「この味、大好き!」だって。ケンタロウさんのレシピは、男性受けがいいとは聞いていたけど、韓国人のオッパにもうけるとは。恐るべし、ケンタロウ。

 


 

そうえいば、ケンタロウさんのレシピ本ってかなり昔に買って実家に放置しているものも含めて「ドカンと、うまいつまみ」とか「ケンタロウの和食 ムズカシイことぬき!」とか「カツ代流しあわせごはんケンタロウ流ウマイめしとか「ケンタロウごはん―うまいもん作ろ!食おう! 」とかがあるんだよなぁ。これは、活用しない手はないよね。


 

ジャガイモのカレ-


その他の昨日のご飯。夕方の市場の誘惑に負けた結果の、カキフライ&お刺身2パックで、美味しくワインもいただきました~。節約月間なのに、ちょっと贅沢しちゃったかなぁ。まぁ、そんな日もあるよね。

 


お買い物メモ:お刺身800円、カキフライと鰯のフライ350円

 

 

 

ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。


 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 


 


 

PageTop

図書館も楽し

先日、オッパと用事で出かけた帰り道に図書館の横を通ったので、久しぶりに立ち寄ってみました。真面目な本もたくさんあるけど、お料理の本も結構いろいろあるのね。普段だったら買わないようなものも含め4冊のお料理本を借りてきました。なんせ、節約月間ですしね。


 

中でも、思いがけず気に入ったのは「コンフィチュール・ジャムの事典」。お取り寄せの参考になりそうないろんなお店のジャムがずらりと紹介してあるだけじゃなくて、食べ方&作り方も。特に食べ方の部分は、「黒こしょうをかけると新たな味に」とか、「生ハムとあわせてオードブルに」とか、ほう~と参考になることばかり。早速、冷蔵庫に眠ってるジャムを活躍させなくちゃ。


 

それからパンの本も。ニューヨークの街角で売ってそうなベーグルとかプレッツェルとかラップスとかのレシピが満載の「ニューヨークスタイルの人気のパン」。特にベーグルはぜひ作ってみたい。何といっても、バターも必要ないしね。いや~、本当にスーパーのバター売り場にはびっくり!!棚が空っぽなんだもん。そして、我が家のバターもあと残りわずか。これはもう、ベーグルを作るしかなさそう……。


 

残り2冊は韓国料理。周富徳さんとジョンキョンファさんの共著「周さんとキョンファさんの楽楽料理単菜―楽しく作って、楽しく食べたい」と李映林さんお「春夏秋冬韓国ごはん」。特に、ジョンキョンファさんのレシピは美味しいという話なので、かなり期待~。何を作るか、かなり目移りしてます。


お買い物メモ:厚揚げ&がんもどき168円、牛薄切り244円、たけのこ水煮165円。

 

 

ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。


 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。