れしぴこれくしょん時々韓流

いろんなお料理の本を片手に、怪しげな包丁さばきで日々、奮闘中。韓国人の夫との日韓交流(?)食生活を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

のんびりキムチ

毎年恒例となったキムチ作り。「今年はどうしよう……。そろそろいい季節なんだけどなぁ」と思っていたところに自家製無農薬の白菜を頂き、他の方からは薬念(ヤンニョム)まで頂いてしまって。「これは作るしかない」という状況に後押しされて、ちょっぴりだけど漬けました。

 

これまでは、白菜を塩漬けして、水気を切って、薬念を塗ってという工程を1日半と超特急でこなしていたんだけど、今年はのんびりペース。洗った白菜を1日半干して、白菜の5%の荒塩&20%の水で一晩塩漬けして、水切りもしっかりと半日。たっぷり3日かけて作ってみました。

 

つわりのせいもあって放置状態だったベランダのテーブルが、意外なところで大活躍。日本の白菜のほうが韓国のより水っぽいみたいだから、塩漬け前に軽く干したくても、これまではスペース的に難しかったの。水切りも、お部屋の中よりも外の風に当てながらのほうが十分できるし。そのおかげで、どうしても水っぽくなる悩みも解消できたのが一番の収穫かも

 

のんびりキムチ

 


 

今はベランダで熟成中。どんな味に仕上がってるかなぁ~。今から楽しみだわ。

 



ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 

recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

 

 



 


スポンサーサイト

PageTop

粉食(プンシク)を開店~

釜山で買ってきたトックがまだ残ってたので、何日か前のお昼ご飯にトッポッキを作りました。それだけじゃ寂しいので、キムパップ付です。

 

トッポッキ&キンパップ

 

 


どちらも、韓国の粉食(プンシク)という軽食堂の定番メニュー。サラン。的には「ええ~、ちょっと……」と思うんだけど、韓国人はトッポッキのソースに海苔巻きをどぼっとつけて食べます。もちろんオッパも。

 

今回のトッポッキには&Dさんが「チーちくがお勧め」といってたので、早速、入れてみました。これが、大成功!チーズトッポッキというのがあるにはあるんだけど、オッパは「チーズは好きだけど、全部チーズ味というのはイヤだから食べたことない」んだって。でも、チーちくは、ちくわの中にチーズが閉じ込められているので、全体は普通のトッポッキ。チーちくを食べるとチーズトッポッキと、一度に2種類の味が楽しめるの~。これは、我が家の定番になりそう。

 

ちなみに、サラン。流、適当トッポッキの作り方。いつも目分量なので、その日によって、少しずつ味が違います。

 


①トック(韓国のお餅)は、水につけ、くっついているところは離しておく。

 

 

②フライパンにサラダ油少しとみじん切りのニンニクの入れて香りが出るまで炒め、さつま揚げも入れる。

 

③薄切りにした玉ねぎ、人参、ざく切りのキャベツ、斜めに切った長ネギも入れて少しいためて水、鶏がらスープの素を入れる。

 

④コチュジャン、水あめ、しょうゆ、唐辛子(荒挽きでもいいけど、できれば粉末)で味付けをする。トッポッキは甘辛い味が特徴なので、水あめは多めに。辛いのが苦手な人はコチュジャンと唐辛子を控えめに。

 

⑤味が決まったらトックを入れて、柔らかくなるまで煮込みます。ソースにとろみが付いたら出来上がり。

 


⑥ゆで卵やチーちくを入れる場合はトックと一緒に入れればOK。

 

トッポッキは野菜の部分が美味しいので、たっぷり入れることをお勧めします。


ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。

 

 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 

PageTop

お花畑のサラダ

今日のお昼は、久しぶりのおもてなし。せっかくなので、この前習った韓国料理を色々と作ってみました。と、ばたばたしていたので、全体写真はありません。メニューはもやしご飯、牛肉と野菜の串焼き、スンドゥブ、海鮮チヂミ、それから海苔巻きサラダ。


海苔巻きサラダは巻く野菜&盛り付けをちょっと工夫してみたら、こんな仕上がりになりました!!!


20080228154519.jpg


なんだか、お花畑みたいでしょ?オッパも「おお~、芸術だね~」と大喜び。本当は彩りにパプリカを使う予定だったんだけど、スーパーに行くと、パプリカが思ったより高くって……。困ったなぁと、近くを見るとエディブルフラワーが。値段も、パプリカの半分。「これはいけるかも~」と、ひらめいたの。本当に、節約週間のおかげだね。


で、このサラダ、どうなっているかというと、深めの皿に、手巻き寿司状のサラダを盛り付けただけ。コチュジャンに酢や砂糖を混ぜたソースをつけて、いただきまーす。


20080228222930.jpg


一つ一つはこんな感じ。手で持って、ぱくっと食べられます。


そしてこの「お花畑サラダ」、嬉しいいことに作り方がとっても簡単。手巻き寿司サイズの海苔に、サニーレタス、エゴマの葉、水菜、青ねぎ、貝割れ、エディブルフラワーを乗っけて、くるっと巻いただけ。普通のサラダと違って、野菜の水分をしっかり切ってしまうと、海苔がほどけてきちゃうので、そこだけ要注意。軽く水気を切る程度でいいと思います。


ソースは、市販のチョコジュジャン(唐辛子酢味噌)でも。エゴマの葉を他の野菜に代えて、ゴマドレッシングとか、青じそドレッシングとかをつけて食べても美味しいかも。野菜とドレッシングの工夫次第で、アレンジが広がりそう


お買い物メモ:子大豆もやし72円、大豆もやし90円、シメジ78円、エゴマの葉50円、貝割れ30円、エディブルフラワー100円、胡麻油313円。




ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。


 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 


 


 




PageTop

簡単!プデチゲの作り方

この前、紹介しますね~といいながら、うっかり忘れていたプデチゲの作り方。ちょっと遅くなりましtが、ご紹介します~。


といっても、レシピというのもはばかられるくらい簡単。材料(2人分)はキムチ(出来ればすっぱくなったもの)、辛ラーメン1袋、スパム2分の1缶、粉唐辛子。あとはトッピングとしてお好みでウィンナー、大豆の水煮、長ネギ、えのき、とろけるチーズなどなど。


①キムチ(量はこぶし大くらい)を刻みます。お鍋にサラダ油を入れて、キムチをいためます。一口大に切ったスパムも入れて、ウィンナー、大豆の水煮、えのきも加えます。


②全体的に油がなじんだら、水を加えます(水の量は、麺を煮込むことが出来るくらいのひたひたに)。そこに、辛ラーメンの粉末スープを加えて(2分の1袋くらい。味を見て好みの濃さに調節)、粉唐辛子で好みの辛さに調節します。


③スープが沸騰したら、麺とねぎを入れて煮込んで出来上がり。とろけるチーズを入れる場合は、火からおろしてから麺の上に散らします。


トッピングは、全部入れる必要はなくて、3つも入っていれば十分だと思います。とろけるチーズは「えー!!」と思うかもしれませんが、まろやかになってコクが出るので、おすすめですよ~。


ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  


recipe_blog_1.gif


banner_02.gif


 

PageTop

韓国のおでんに変身~

お鍋にたっぷり作ったおでん。実は、サラン。は、おでんが続くのがちょっと苦手。食べながらそんな話をしていると、オッパが「韓国の屋台には、赤いおでんがあるんだよぉ。辛くて、美味しいの。このおでんに唐辛子を入れれば、その味だよ、たぶん」と言いはじめて。最初は、え~と思ったんだけど、えいやぁと、お鍋に粉唐辛子&青唐辛子の刻んだのを入れてみました。


20080127032307.jpg


お汁が赤いの分かるでしょうか?厚揚げの切り口も、うっすらピンク色だし。これがなかなか美味しくて。思い切って唐辛子を入れたので、さすがのオッパも「うーん、辛いね~」と、大喜び。残りのおでんはあっという間に売れきれました。


ところで、この辛~いおでん、名前が気になるところです。オッパに聞いたら、「赤いおでん(パルガンオデン)だよ」だって。そのまんまじゃん。でも、赤いオデンは、普通のオデンに唐辛子を投入するだけなので、「おでんって飽きるんだよなぁ」と思っている人に、お勧めです。我が家でも、おでんの後半は「赤いおでん」が定番になるかも。


ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。


recipe_blog_1.gif 


banner_02.gif 


 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。