れしぴこれくしょん時々韓流

いろんなお料理の本を片手に、怪しげな包丁さばきで日々、奮闘中。韓国人の夫との日韓交流(?)食生活を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最後のパン作り

すっかり、手捏ねの楽しさにはまってしまった今日このごろ。生地を叩いていると、無心になれて、気分もすっきり。心がもやもやするときは「パンでも焼くか」と、いいストレス解消になってます。焼きたてパンにオッパも喜ぶしね。

 

あんパン復習1

 

数日前に焼いたあんパンとチーズパン。本当は6個すべてをあんパンにしたかったのだけど、あんこが足りず……。一つだけチーズパンに。熱々でチーズがとろとろのうちに、サラン。が味見と称して食べちゃいました。仕事から帰ってきたオッパは「あんぱんにしようかなぁ、チーズパンもいいなと悩む楽しさを奪われた」とかなり悲しそうでした。ごめんね~。

 

教室ではあんパンのトッピングはけしの実でしたが、黒ゴマで代用。これが、香ばしくって、美味しい~。個人的には、けしの実よりも、黒ゴマのほうが好みです。あんこを包むのも、少しずつ慣れてきたかなぁ。ばっちり真ん中にあんこが入った断面をお見せできる日も、そう遠くはないはず??(って、自信過剰すぎ)

 

今の家が手狭で「引っ越したいね」と話していたサラン。とオッパ。念願かなって、来週、今よりも広いところにお引越しすることになりました。かなり急なことなので、心の整理があまりついてなかったりもして。なので、パンをこねながら、「このキッチンでパンを焼くのも、これが最後かなぁ」と、ちょっとしみじみ。

 

お引越しの準備もあるし、新居ですぐにパソコンが使えないかもしれないし。しばらく(10日ほど?)ブログはお休み状態になるかもしれません。釜山旅行の写真もまだ残ってるし、書きたいことはまだまだあるんだけどなぁ。

 


ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  


recipe_blog_1.gif


banner_02.gif









スポンサーサイト

PageTop

久しぶりの母ちゃんレシピ

釜山旅行から帰ってきて以来、風邪を引いたり、なんだか忙しかったりと、ブログもさぼり気味。それに比例するかのように、ご飯もちょっぴり(?)手抜きの日々。手抜きの強い見方、キムチがまだまだあるので、オッパの満足度は高いのだけが救いかも。


 

で、先日、かなぶぅさんがてんきち母ちゃんレシピで、美味しそうなご飯を作ってたので、昨日のご飯は、真似っこさせてもらいました。いや、本を開くのって、かなり久しぶりかも。


 

和風カレ-煮

 


てんきち母ちゃんちの毎日ごはん 2」より、「厚揚げの和風カレー煮」です。母ちゃんのレシピは→こちら。本当はインゲンで彩を添えるんですが、なかったので、省略。そのせいで地味~な見た目だけど……。ちょっと厚揚げを大きく切りすぎて、味の染み具合がもう一歩だったのだけが残念。でも、味はばっちり。カレー粉にお出汁の、カレー味ながら和風の、優しい味。オッパも「うん、美味しい」とパクパク食べてたし。厚揚げを薄切りに!そこのところに気をつけて、また作ろうっと。


ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  


recipe_blog_1.gif


banner_02.gif


 


 

PageTop

やっぱり焼肉は日本に限る???

昨日の夜、スポーツクラブの帰りにふと目に留まったのが焼肉屋さん。「しばらく食べてないなぁ」と思いながらも通り過ぎたサラン。でした。同じ頃、オッパも「久しぶりに焼肉食べたいよ~」と思っていたらしく。「焼肉でも食べに行きますか?」と意見が一致したのでした。


 

でも、急なことで、持ち合わせがあまりなくて。リーズナブルな牛角に行くことに。ビールで乾杯して、ロース、カルビ、丸腸……と堪能。


 

牛角~


 

最後は、壷に入った王様壷漬けカルビというのを注文(写真は撮り忘れ)。フルーツのタレにつけてあるとかで、柔らかくって、とっても美味しかった~。でもね、ちょっとだけ悲しかったことが。韓国のカルビほど大きくなかったの……。韓国サイズに慣れてるサラン。とオッパは、壷を開けた瞬間「あっ」と思わず声がでちゃって。「焼肉は日本のほうが断然、美味しい!」という、焼肉に関しては日本びいきのオッパなのに、「骨付きかと期待したのに……」と寂しそう。ま、たくさん頼んで、網一面に広げて焼けば、韓国サイズになるんだけどね。


 

サイズと値段は韓国レベルで、味は日本レベルの焼肉屋さん。あったら、通いつめるのになぁ~。


 

ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。

 

 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

  

PageTop

新しいオーブンが欲しいよ~

この前行ったばっかりで、あんまり復習もしていないのに、もうパン教室の日!うーん、2週間があっという間だわ。3回目の今日は、大型パンをお勉強してきました。


 

パンⅠ-3’


 

まずはイギリスパン。1.5斤が3本。ちょっと、圧巻ですよね。「わー、パン屋さんみたい」と、教室は大盛り上がりでした。そうそう、オーブンから出されたパンはしばらく、「ピチ、ピチ」と音がしていて。「これが、噂の音なのね」とちょっと感動~。


 

これまでは、自分で捏ねて、自分で成型したものをお持ち帰りでしたが、これは機械でこねたもの。成型の練習だけをしました。そして、一人一山を適当に選んでお持ち帰り。手捏ねしてミニ食パン型で焼いたものを(写真はなし。携帯のバッテリーが切れちゃった……)試食としていただいてきました。これが、めっちゃ美味しかった!!そんなに好きじゃなかったパンの耳が、一番美味しいの。かりっとしてて香ばしくて。何もつけてないのに、半分に切ったものをあっという間に食べちゃいました。


 

 

パンⅠ-3


 


それから、今日はレーズンパンと、甘食も。レーズンパンは先生のデモのみでしたが、生地の伸ばし方は目からうろこ。四角く伸ばすには、そんなコツがあったのねと驚いちゃいました。そして、今日、一番盛り上がったのが甘食。「知ってる派」と「知らない派」とに分かれちゃって。「これって、年代の差?」なんて大騒ぎ。ちなみに、サラン。は知らない派でした。これは、翌日のほうが美味しいというので、試食は我慢。明日がめっちゃ楽しみです。


 

パンⅠ-3’’


 

お持ち帰りしたイギリスパンはサンドイッチ(レタス、トマト、チーズ、パストラミ)にして、オッパのランチにしました。本当はトーストのほうが美味しいと分かってるんだけど、なんせオッパのお口はとっても繊細。「トーストは口の中に刺さって痛いから苦手」なんですって……。サンドイッチでも「耳がちょっと刺さるかな」ですって。まったくさぁ。


甘食は作れるけど、イギリスパンとレーズンパンの復習はお預けかなぁ。我が家の庫内が狭くて上がすぐ焦げちゃうオーブンじゃ、ちょっと無理そう。早く、新しいオーブンが欲しいよ~。


 

 


ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。

 

 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 


PageTop

粉食(プンシク)を開店~

釜山で買ってきたトックがまだ残ってたので、何日か前のお昼ご飯にトッポッキを作りました。それだけじゃ寂しいので、キムパップ付です。

 

トッポッキ&キンパップ

 

 


どちらも、韓国の粉食(プンシク)という軽食堂の定番メニュー。サラン。的には「ええ~、ちょっと……」と思うんだけど、韓国人はトッポッキのソースに海苔巻きをどぼっとつけて食べます。もちろんオッパも。

 

今回のトッポッキには&Dさんが「チーちくがお勧め」といってたので、早速、入れてみました。これが、大成功!チーズトッポッキというのがあるにはあるんだけど、オッパは「チーズは好きだけど、全部チーズ味というのはイヤだから食べたことない」んだって。でも、チーちくは、ちくわの中にチーズが閉じ込められているので、全体は普通のトッポッキ。チーちくを食べるとチーズトッポッキと、一度に2種類の味が楽しめるの~。これは、我が家の定番になりそう。

 

ちなみに、サラン。流、適当トッポッキの作り方。いつも目分量なので、その日によって、少しずつ味が違います。

 


①トック(韓国のお餅)は、水につけ、くっついているところは離しておく。

 

 

②フライパンにサラダ油少しとみじん切りのニンニクの入れて香りが出るまで炒め、さつま揚げも入れる。

 

③薄切りにした玉ねぎ、人参、ざく切りのキャベツ、斜めに切った長ネギも入れて少しいためて水、鶏がらスープの素を入れる。

 

④コチュジャン、水あめ、しょうゆ、唐辛子(荒挽きでもいいけど、できれば粉末)で味付けをする。トッポッキは甘辛い味が特徴なので、水あめは多めに。辛いのが苦手な人はコチュジャンと唐辛子を控えめに。

 

⑤味が決まったらトックを入れて、柔らかくなるまで煮込みます。ソースにとろみが付いたら出来上がり。

 


⑥ゆで卵やチーちくを入れる場合はトックと一緒に入れればOK。

 

トッポッキは野菜の部分が美味しいので、たっぷり入れることをお勧めします。


ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。

 

 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 

PageTop

続々・釜山で食い倒れ

釜山最終日のご飯は、本当に釜山らしいものばかり。早速、朝ごはんからから、行ってみよう~

 

テジクッパ1

 


釜山名物、テジクッパ(豚肉のクッパ)です。白濁したスープなので、こってりしている豚骨風かとおもいきや、思ったほど脂っこくもなくて、意外とあっさり。中にちょっとだけ唐辛子入りの薬味が入ってますが、ほとんど辛くなくって、疲れた胃にはぴったり。スープに味はほとんど付いていないので、塩やアミの塩辛で好みの味付けをします。

 

テジクッパ2

 

スープの中にはご飯と豚肉の湯がいたのが入っていて、ボリュームたっぷり。これで4500W。さすがのサラン。も、全部は食べきれず、残しちゃいました。お店のおばちゃんごめんね。

 

そして、お昼は、お待ちかねのお刺身。水産市場のチャガルチ市場で、お腹一杯食べてきました。両手に、ドーナツとキムチを持っていたので、市場の様子の写真は撮れず。言葉では、あのなんともいえない雑多な雰囲気を伝えるのはなかなか難しいなぁ。でも、とにかく、右を見ても左を見ても、小さな魚屋さんがぎーーっしり。あまりにたくさんの魚屋さんに、どう選べばいいのか分からず……。動物的な感で、えいやーとお店を決定。特に価格交渉をしたわけでもないのに、「こんなに安くていいの??」というお値段でした。

 

魚売り場は市場の1階。そこで魚を選んで、いったんお会計。2階にある、魚屋さんと提携しているお座敷まで連れて行ってもらって、そこでお刺身が出てくるのを待ちます。薬味代ということで、お座敷では一人3000Wを払います。

 

さしみ1

 

まずは付き出しで乾杯~。ここのサラダは、ドレッシングじゃなくて、なぜか黄粉がかかってました!お味のほうは……、一口味見した以降は、手が伸びず。不思議な一品でした。 

 

さしみ2


まずは、ひらめのお刺身~。ひらめは100グラム1000Wだったので、ちょうど100グラムの小ぶりのものを選びました。うーん、こりこりで美味しい。わさび醤油&唐辛子酢味噌でいただきます。

 

さしみ3



お次は贅沢に、あわびのお刺身~。小ぶりのもの3つで、驚きの価格、5000Wでした。これで500円ちょっとなんて、すごいよね。友達が肝は苦手だというので、サラン。が独り占め。至福のときでした☆

 

さしみ4


 

そして、最後はタコ。写真では分からないけど、お皿の上でくねくねと動いてます。おはしでつまむと、お皿にくっついて取れない~。口の中にも吸い付く~。これって、ソウルで食べると結構いいお値段するんですが、釜山は安い!たっぷりあったのに、こちらも5000W。ソウルっ子のオッパも「えっ、そんなに安いの?」と驚いていました。

 

大満足のお刺身ランチ。飲み物も含めて、二人で約3000円。心残りはあらで作ったメウンタン(辛い鍋)を食べられなかったこと。もうお腹一杯で。オッパも食べたがってたので、次はオッパとお刺身を食べに行って、メウンタンまで食べるぞ~。

 

 ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。

 

 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 

 


 


 


 


 
 

PageTop

釜山土産・食材編

釜山に行ったからには、食事だけでなく、お買い物も。免税店では何も買わなかったけど、化粧品に洋服に靴と、思う存分ショッピング。もちろん、食材の買出しも忘れていません

 

キムチ4種



まずは、キムチ~。地下鉄のチャガルチ市場駅のすぐ近くにある農協で購入。デパートよりも安いんじゃないかなぁ(と、調べもせず、希望的観測)。白菜キムチ(右)が1キロ500円しないくらい。チョンガク(大根の一種)キムチ(手前)が500グラムで350円ぐらい。切り干し大根のチャンアチ(左)&エゴマの葉のチャンアチ(奥)がそれぞれ300グラムずつで、あわせて1000円ちょっと。

 


買ってきた翌日は、白菜キムチがまだまだな漬かり具合だったらしいんだけど、あっという間に食べごろに。おかずが少なくても、2~3種類を食卓に出すだけで、「おかずが一杯だね~」とオッパが喜ぶので、とっても助かっています。重たい思いをして買ってきた甲斐があったわ。

 

 

トッポッキ

 


そして、オッパの大好物、トック(韓国の餅)。トックは日本でも手に入るけど、もち米からできた本格的なのはなかなか売ってないの。で、これまた韓国で買ってきたコチュジャンと粉唐辛子で、トッポッキを作ってみました。

 

れんこん



こちらは、何かというと、蓮根の上に乗っかった糸唐辛子。この蓮根は韓国風に煮付けてあるんだけど、ちょっと糸唐辛子を乗っけるだけで、本格的な見た目に変身~。これから、色々と活躍してくれそうです。

 


他にも、のり、ラーメン、ご飯に混ぜて炊く豆、乾燥の桔梗の根っこ、ミスッカルという栄養ドリンクの元などなど、かばんに入りきれないほど、色々買ってきました。また、食卓に登場したときには、紹介していこうと思っています。

  


ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。

 

 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 

 

PageTop

続・釜山食い倒れ

釜山らしく、海鮮料理を~といいながら、さっぱり、らしくなかった「釜山食い倒れ」。いよいよ「続・釜山~」では、釜山の味覚が登場しますよ~。

 

1日目のよる1


 


1日目の夜ご飯は、こちら。ナクチポックム(タコ炒め)です。手前のほうに見えるのがタコが、奥のほうが追加したえび。


 

1日目のよる2

 

 


小皿のおかずを食べながら、ビールで乾杯~。焼酎も追加で頼んで、タコが煮えないかなぁ~と待ちます。さぁ、煮えたみたい☆


 

1日目のよる3

 


真っ赤か。一口食べると「あれ?甘い?あんまり辛くないかも」。でも、辛さは後からじわりじわりとやってきて。食べられる上限ぎりぎりくらいの辛さ。時々ご飯を食べたり、水キムチを食べたり、サラダを食べたり、お酒を飲んだり。口を休ませながらも、美味しくってほぼ完食。


 

でも、地元の人は食べ方が違う!最初から、ご飯にナクチポックムをざばっとかけて、混ぜ混ぜして食べてるの。おいしそうなんだけど、サラン。は辛くないご飯を食べながらじゃないと、辛くて食べられません。隣のテーブルの男性2人組みは、麺を追加して、一緒に煮込んで食べたりもしてたなぁ。スープを吸った麺がめっちゃ赤くて。一口だけ、食べてみたかったなぁ。

 

お昼も安上がりのだったのだけど、よるご飯もめっちゃ安かったの。ナクチポックムはご飯付きで一人6000W。お酒を飲んでも、二人で2000円くらい

 

で、ナクチポックムの、どこが釜山ならではなのかというと……。釜山とソウルではずいぶん違うものなんです。旅行前、「ナクチポックムを食べるつもり」とオッパにいうと「ええっ?絶対に無理だよ~韓国人だって辛くて食べられないんだから」と驚かれてしまって。でも、パンフレットに載ってた写真を見せると「あれ?ソウルのと全然、違う。釜山のは鍋だね。ソウルのはもっと真っ赤で、汁がないんだよ」だって。ソウルのナクチポックム、食べてみたいような、怖いような。

 

花祭り

 


これは、おまけの写真。韓国はクリスチャンが多いのだけど、仏教徒も結構いるんです(とはいえ、サラン。の友達の中にはいなかったりして)。で、旧暦の4月8日(今年は、太陽暦の5月12日)は、お釈迦様の誕生日で祝日。町のあちこちに、こんな飾り付けがされます。ソウルに住んでた時、いろんな飾り付けをされた地下鉄の車両があって、驚いたこともありました。「あぁ、韓国も仏教の国なんだ」と実感できる、数少ない体験でした。  

 


ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。


 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 








PageTop

釜山で食い倒れ

今回の釜山の食のテーマは、海鮮を食べよう!どうせならソウルでは食べられないものを食べようと、色々と食べてきました。

 

まずは、1日目のお昼。船の中で「お昼なんにする?韓国風中華で、チャンポンとチャジャン麺?それとも、ビビンバ?キムチチゲ?夜に備えて、軽めがいいよね」と友達に言うと、「チャンポンが気になる~」とのこと。ホテルの近所で中華屋さんを探そうということになりました。

 

地下鉄の西面駅を出てホテルに向かう途中、いかにも美味しそうなお店を発見!お店のおじさんが、店頭で麺を手打ちしてるの~。お店をのぞくと、ランチの時間を少し外れてるのに、韓国人のお客さんでいっぱい。「これは、美味しいはず」と、急いでホテルにチェックインして、お店へ直行。

 

1日目のおひる1

 

いろいろ食べたかったので、チャジャン麺(3000W)とチャンポン(3500W)を半分こ。ほかにも餃子が蒸し餃子、焼き餃子、水餃子とあって、すっごく気になったのだけど、断念。微妙に船酔いをしていたので、無理せずにおいたのでした。

 

1日目のおひる2


 


手打ちの麺はこんな感じ。つるつるとしてて、するするっとお腹に入っちゃうの。そうえいば、食べてる間も、麺を打つ音が「ダン、ダン、ダン」と聞こえてきてました。チャンポンは見た目ほどは辛くなく、海鮮のだしが利いてて、スープを飲むスプーンが止まらない。チャジャンはちょっと、甘めかなぁ。でも、お肉とかジャガイモのとかの具がごろっと大きくて、食べ応えはばっちり。大満足のお味でした。

 

で、肝心のお店の外観の写真はなく……。麺を打つおじちゃんの写真もなく……。サラン。の心は食べることのみに向いてたみたい。ははは。プサンナビが詳しかったので、気になる方は見てみてください→こちら。サラン。たちが断念した餃子の写真もあるし。

 

こちらのお店、お会計の方法にちょっと戸惑うかも。注文のときに支払いをするシステムだったので。メニューは日本語もあったけど、店員さんは、日本語で出来なさそうだったし。そこだけ、要注意ですね。

 

満腹になったサラン。たちは、韓国のサウナ「チンチルバン」でリラックスタイム。かなり庶民的な雰囲気の中、お風呂に入って、サウナもセラミックサウナ、アメジストサウナ、黄土サウナと何種類か楽しんで。日本円で約700円で、しっかりいい汗を流してきました。

 

そして、汗をかけばお腹もすくよね~。ホテルの隣のロッテ百貨店でお茶の時間。

 

おやつ



九州にはないクリスピークリームです!ロッテ百貨店の中には地下と9階に2店舗あるんだけど、「9階のほうが美味しい」という噂。もちろん9階で食べてきました。新宿のお店に行ったことあるサラン。は「やっぱり美味しい~」。初めての友達は「この味、かなり好き~」。「明日は、お土産に絶対、買って帰ろうね」と誓ったのでした。

 


 

ドーナツ

 

お土産はこんな組み合わせで。でもやっぱり、オリジナルグレーズドが一番美味しいね。次に買うときは、全部オリジナルでいいわ。

 

と、1日目を一気に紹介するつもりだったんだけど、長くなりそうなので、残りはまた。食い倒れの旅はまだまだ続きますよ~



 


ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。


 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 















PageTop

とろとろのチーズパン、最高!あんパンもね

釜山で遊びすぎて、ちょっと風邪気味のサラン。ですが、昨日はパン教室の日。朝から、頑張っていってきました。


2回目のメニューは、あんパンにかのこうぐいすにチーズパン。あんパンなんて、いきなりハイレベルじゃない?と不安に感じながらのレッスンでしたが、なんとか無事に3種類を作り上げてきました。


 

パンⅠ-2


 


手前二つがアンパン(なんか焦げて見えるけど、光の具合かな。そんなことはありませんでしたよ)。真ん中がチーズパン。奥がかのこうぐいす。成型は、簡単そうに思えたかのこうぐいすが、一番てこずってしまって。不安だったあんパンのほうは、コツを覚えれば、思ったよりは難しくなかったかなぁ。とはいえ、微妙な手の動きで、包み具合が違ってくるので、かなり練習は必要そう。

 


 

今回の生地は、油脂の量も多く、油脂を入れた直後は「えっ、こんなにべたべたしてるの?」と不安に思ったほど。でも、叩いている間に、いい感じに。そういえば、サラン。はあまりに力を入れすぎなのか、油断していると可動式の作業台が動いちゃって。先生にも「元気一杯だね」と笑われてしまいました……

 


そして、肝心のお味は……。チーズパンが最高でした!焼きたては、チーズがとろとろで、パンもふわふわ。ちょっと甘めの生地と、チーズの塩気がとっても合うの。爆発しちゃてるところも、ご愛嬌です。みんなそれぞれ、爆発具合が違ってて。「あっ、かなり爆発してる~」「これは、あんまりしてないね」と、先生が天板をオーブンから取り出すたびに、盛り上がっちゃいました。

 


 

パンⅠ-2’

 


チーズパンの断面図はこんな感じ。写真では「とろとろ感」が伝えられないのが、本当に残念です。

 


 

パンⅠ-2’’



 

そして、あんパンの断面はこんな感じ。お家に帰ってからパチリ。あんこも、思ったよりは真ん中になってて、ちょっと安心。冷めると、焼きたてのときのようなふわふわ感はなくなっちゃったけど、しっかりした歯ごたえが、かえって高級あんパン(?)の雰囲気に。

 


そういえば、冷蔵庫にあんこが眠ってるんだよなぁ。「あんパンが、今まで習っていたパンの中で一番好き」ってオッパが行ってたし。重い腰を上げて、忘れないうちに復習しなくっちゃ。

 


 


ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。


 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 


PageTop

安くても豪華&満足な旅

特に意識をしていたわけでもないんだけど、今回の友人との釜山旅行、一言で言うと「安くても豪華&満足」だったような気が。だって、そもそもの旅行代金が安い!GWの日を1日含んでいるにもかかわらず、博多-釜山の往復(高速船、ビートル利用)&ホテル代で一人21800円(港使用税&サーチャージは別料金だけど、飛行機より安い)。


 

船の中から

 

 

 


船から見た、釜山の街並み。行きはちょっと波が荒くて、船酔いが心配だったけど、3時間のほとんどをグーグー寝てたので、少し酔った程度で済みました。

 


 

船を降りて


 


ターミナルを出てすぐの風景。左奥に見えるアジアンチックな建物は、ホテル。内装も凝っていて、サラン。のお気に入りホテルなんだけど、今回は別のホテルへ。五つ星ホテルの「ロッテホテル」に泊まったんです。それで、2万円ちょっとは、かなりお得ですよね?

 


 

ホテルの外観は至って普通なので写真はとってません。お部屋はこんな感じ。ベッドにサラン。のお尻のあとがくっきり……


 

ロッテホテル1

 


夜はこんな感じ~。

 


 

ロッテホテル2

 


ロッテホテルのいいところは、お買い物が超便利なこと。隣にデパートがあって、地下と8階の免税店がつながってるの。今回は免税店でのお買い物が目当てではなかったのだけど、それでも「うーん、便利~」と思っちゃいました。

 


 

そして、レストランとかバーも充実。食事はしなかったんだけど、1階のメインバーで生演奏を聞きながら、お酒を頂いちゃいました。雰囲気の割には、お値段がリーズナブル。一杯ずつ飲んで、2万3000ウォンちょっと。


 

ロッテホテル3


 


そして、お部屋に引き上げてからは、地下のケーキショップで買っておいたブルーベリーチーズケーキでティータイム。韓国のケーキの中では、かなりのハイレベルなケーキ。大満足で眠りについたのでした。

 


 

ロッテホテル4


ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。


 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 


PageTop

ちょっと変わった釜山土産

釜山の旅、無事に帰ってまいりました~。お天気もよく(サラン。はかなりの晴れ女らしい)、大満足の2日間でした。


 


おみやげの天ぷら

 

いきなり、???な写真ですが、これがお留守番をしていたオッパ所望のお土産なんです。「屋台の天ぷらを買ってきて。ソースはたっぷりもらってね」とのリクエスト。「えぇ~、お持ち帰りなんてできるの?ハードル高すぎなお土産じゃない?」と思ったけど、意外と簡単でした。


 

韓国の屋台の雰囲気は→こちら。買うことに必死で、釜山の屋台の写真を撮る余裕はなく。でも、釜山のほうが、天ぷらの種類が断然、多かった。サランが買ったサツマイモ、えび、野菜のかき揚げ以外にも、唐辛子やカニカマ、ぱっと見ではなんだか分からないものまで、ずらりと並んでいました。


 

お持ち帰り用に買うには「ティギム ポジャン ヘジュセヨ(天ぷら、包んでください)」と言うだけ。簡単でしょ?ソースはトッポッキのソースなので、「トッポッキ ソースド チュセヨ(トッポッキのソースもください)」でOK。ソウルではたいてい、天ぷら=トッポッキのソース。でも、釜山はしょうゆに付けて食べるみたいなので、「ソースください」は、言ったほうがいいかも?


 

サラン。は、天ぷらを家に持って帰ってきて、魚焼きグリルで温め直して(なので、ちょっと焦げてる)食べたんだけど、それって、はっきりいって普通ですよね。「ぜひ、やってみて!」というほどでもないというか。じゃぁ、なんで、こんなに天ぷらを熱く語るかというと、見ちゃったんです。めっちゃ美味しそうな食べ方を!


 

帰りの船の中で、同じ並びに座った女性(たぶん、日本人の一人旅)が、さっそうとビニールとビールを取り出し、美味しそうに一杯やり始めたの。横目に見たビニールの中身は、天ぷらじゃなくて、チヂミのような感じもしたんだけど。でも、トッポッキのソースらしき赤いタレにつけながら食べる姿が、とっても美味しそうで。船は機内食もないし、「これはいい!!!絶対に真似したい」と呑み助サランは、思ったのでした。


そうそう、肝心なオッパの反応はすごかった!夕飯のおかずになるしと、キムチも買ってきてたのだけど、それは冷蔵庫に直行。「他のおかずは要らない!」と、ひたすら天ぷら&ご飯を食べる、食べる。サラン。は味見程度で、ほとんどを独り占め。いい具合に天ぷらを売ってる屋台が見つからなくて、買うのにちょっと苦労したけど、苦労の甲斐がある食べっぷりでした。


 

 

ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。


 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 

PageTop

釜山旅行の相談は辛いもので

世の中はGWで連休というのに、普通に仕事だったサラン。ですが、今日から3連休!明日からは、1泊2日で釜山に遊びに行ってきます。で、数日前、一緒に行く友人と「釜山で何しようかぁ」と打ち合わせ。


 

インドのカレ-




ちょうどお昼時だったので、ランチでも~と、お店探し。韓国料理屋さんもあったんだけど、「本場のを食べに行くのに、それはちょっと……」とパス。辛いものを食べるならと、インドカレーのお店にしました。ナンの大きさにびっくり。手前のナンはプレーンタイプ。奥のカットしてあるナンはチーズ入り。左はチキンカレー、右はほうれん草カレー。「いろんな種類が食べたいよね~」と半分こ。「お好みでどうぞ」と唐辛子パウダーもあったので、もちろんたっぷり振りかけて、いただきまーす。

 

打ち合わせのつもりが、話は色々と飛躍して、普通にランチを食べてしゃべりまくっただけのような。まぁ、行きの船(博多からは高速船で3時間)の中で話せばいいんだもんね。今夜は荷造り&オッパのご飯作り頑張らなくっちゃ。

 

ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。


 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 

PageTop

少しずつ復活中

なぜかやる気が出ず、ブログもプチ放置状態の日々が続いていましたが、少~しずつ復活中のサラン。です。その間、ご飯作りも適当な日も多かったわけで、オッパに申し訳ないなぁと、一昨日はちょっと頑張ってみました。


 

ステ-キ&ブレッチェン


 


ブレッチェンの復習も2回目。ようやく手こねにも慣れてきて、バシン、バシンといい音がするようになってきました。こねている間は無心になれるし、なかなか楽しい~。オーブンの予熱が甘かったのか、ちょっと焼き色に難ありだったけど、焼き立ての味は格別。バターもジャムもつけずに、あっという間に食べちゃいました。

 


人参のサラダもステーキもお料理教室のレシピ。あれ?何か、あれこれと復習した??そんな日もあるよね。お料理教室のレシピも、実際に作って、少しずつ自分のものにしていかなくては。まだまだ、家で作ったことのないレシピがたくさんあるんだもん。


 

ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。


 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 

PageTop

鯛のあらで辛~いお鍋

対馬の伯母からもらった鯛のあら。「どうやって食べよう」と悩んでいたら、すっかり冷凍庫の中で眠らせることになってしまって。あんまり放置してもなぁと、辛いお鍋に仕上げてみました。

 

メウンタン1

 


あらだけでは寂しいので、あさりと冷凍庫にあったブリの切り身もプラス。上に乗っけた芹と子大豆もやしが、韓国らしい風味を演出してくれます。もちろん、お供は韓国焼酎!韓国では、こういう鍋物の時にはビールは飲みません。

 

 

メウンタン2

 


野菜に火が通ったら、いただきまーす。このお鍋、その名も「メウンタン(辛いスープ)」。韓国では、お刺身を食べた後の定番なんです。初めて作った割には、美味しくて、オッパにも好評。来週、GWのお休みを利用して釜山に遊びに行くので、本場の味を味わって来たいなぁ。

 

ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。


 recipe_blog_1.gif  


 banner_02.gif 

 

 


 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。