れしぴこれくしょん時々韓流

いろんなお料理の本を片手に、怪しげな包丁さばきで日々、奮闘中。韓国人の夫との日韓交流(?)食生活を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パン作りの強い味方

前から欲しかったんだけど、なかなか買えないでいたパン教室のフードプロセッサー「コスモハート」。ホームベーカリーも小さなフードプロセッサーも持ってるんだけど、パンをこねるのが2分程度でできちゃうし、容量の大きさとパワーは、今のフードプロセッサーとは比べものにならないし……。コスモハートへの思いは募るばかりでした。


 

そんなところに、セールのお知らせ。1万円も安くなるの~。オッパに「クリスマスプレゼントとして、買ってもいい?今なら、少し安いし」と聞いてみたところ、「必要なんでしょ?じゃ、買えばいいじゃない」という嬉しい返事!早速、注文して、わくわくしながら待ってました。

 

コスモ

 

待ちわびたコスモちゃん、クリスマスイブの前日にやってきました~。ちょっと早いクリスマスプレゼントだわと、気分も大盛り上がり。それなのに、1度もパンを焼いてません……。なんだか忙しかったり、お腹の張りが辛くて寝てばかりだったりと、タイミングが悪くって。

 

ようやく昨日、お料理教室で習ったトマトクリームスープを作るのに使いました。やっぱり、パワーが違うわぁ。あっという間にクリーミーなスープができて大満足。そして、今日は年越しそばならぬ、年越しうどん(サラン。がそばが苦手なの)を作ってみようかなぁと思っています。来年こそは、たくさんパンを焼かなきゃね。


そして、最後になりましたが、皆さん良いお年を~。来年もよろしくお願いします。

 


 

 


 

ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 

recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

 

 

スポンサーサイト

PageTop

ポッサムでお肌つるつる?

つわりに苦しんだ8~9月。暑いし、眠いし、気持ち悪いし。なかなか食事の用意ができませんでした。そんな我が家の食卓を支えてくれたのが、母が持ってきてくれるおかず。そして、「奥さん、大変でしょ」とオッパが教会から頂いてくるキムチやナムルやスープなど、韓国料理の数々。つわりが治まった今でも、教会のご飯に随分と助けられています。


 

ポッサム


 

昨日の晩ご飯、メインは教会から頂いたポッサムでした。茹でた豚肉とキムチをサンチュで包んで食べる、サラン。の好きな三大韓国料理の一つです。ポッサムのおかげで、サラン。はキムチが少し食べれるようになったの。本当は、韓国焼酎にぴったりなんだけどね~。今は我慢、我慢。

 

このポッサムは、皮付きのお肉を湯がいたもの。お肉のふちがちょっと茶色いでしょ?コラーゲンもたっぷりだし、明日はお肌つやつやになるといいなぁ。

 

それ以外は、牛肉のスープと冬至だったのでかぼちゃのチヂミ。韓国では冬至にはあずき粥なんだって。でも、オッパもサラン。もお粥ってあんまり得意じゃないので、かぼちゃにしてみました。

 

牛肉のスープは、「朝鮮の味、家庭の味 きょうも、おいしかったね。―キョンファさんちの朝鮮の味、家庭の味130」のレシピ。1ヶ月くらい前に、教会で頂いてきたスープがすっごく美味しくって。大根、えのき、しらたき、ねぎ、牛肉と具沢山で、さっぱりしてて、いくらでも食べられちゃうの。

 

オッパも気に入ってたし作りたいなぁ思っていたら、同じようなスープのレシピをキョンファさんの本で発見!!!ご飯を炊いている間にあっという間にできたし、味のほうも「うん、教会のと同じ。100点」と、オッパの太鼓判付き。ただ、レシピ通りの分量で作ると、大なべ1杯できちゃうので、ちょっと要注意かな。美味しいので、たくさんあっても困らないんだけどね。今回は半分の量で作ったんだけど、いつまで残ってるかなぁ??

 





ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 

recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

 

 


 


 


 



PageTop

のんびりキムチ

毎年恒例となったキムチ作り。「今年はどうしよう……。そろそろいい季節なんだけどなぁ」と思っていたところに自家製無農薬の白菜を頂き、他の方からは薬念(ヤンニョム)まで頂いてしまって。「これは作るしかない」という状況に後押しされて、ちょっぴりだけど漬けました。

 

これまでは、白菜を塩漬けして、水気を切って、薬念を塗ってという工程を1日半と超特急でこなしていたんだけど、今年はのんびりペース。洗った白菜を1日半干して、白菜の5%の荒塩&20%の水で一晩塩漬けして、水切りもしっかりと半日。たっぷり3日かけて作ってみました。

 

つわりのせいもあって放置状態だったベランダのテーブルが、意外なところで大活躍。日本の白菜のほうが韓国のより水っぽいみたいだから、塩漬け前に軽く干したくても、これまではスペース的に難しかったの。水切りも、お部屋の中よりも外の風に当てながらのほうが十分できるし。そのおかげで、どうしても水っぽくなる悩みも解消できたのが一番の収穫かも

 

のんびりキムチ

 


 

今はベランダで熟成中。どんな味に仕上がってるかなぁ~。今から楽しみだわ。

 



ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 

recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

 

 



 


PageTop

クロワッサンよりも美味しいのは??

ホームメイド協会で習って以来、「家でも作りたいなぁ」と思い続けたクロワッサン。シートバターも手に入れていたのに、なかなかね~。教室でもあんなに苦労したんだから……と、つい億劫になっちゃって。でも、子供が生まれたらしばらくは手間のかかる種類のパンなんて作れないだろうしなぁと、「今年中に、少なくとも1回は作ろう」と自分に課題を与えてたの。

 

今日はお休みで、特に予定もなかったので(本当は年賀状を書かなきゃいけないんだけどね)、「今日しかない!」と大決心して取り掛かったんだけど、ちょっと拍子抜け??教室ではテーブルに直接、打ち粉したんだけど、これが難しくって。打ち粉が足りないと、生地は伸びないし、バターははみ出るし。かといって、打ち粉をしても、先生みたいにパッときれいに満遍なく広がらないし……。そうこうしてるうちにバターもはみ出してくるし、苦戦。

 

家では、テーブルに直接というのにちょっと抵抗があって(油が染みそうで)、マトファのシリコンマット に打ち粉をして作ったんだけど、これが成功!打ち粉が本当に簡単なの!適当にパパっと粉を振って、手で広げると、薄くきれいに粉がいきわたる。まぁ、「生地がくっつきにくい」が売りだから、当然といえば当然だけど。しかも、目盛りも付いてるから、生地を伸ばすときに便利だし。結局、一度もバターがはみ出すことなく、折り込み作業を終えることが出来ました。

 

←クロワッサン作りに、ぴったり!


 

意外と簡単だったという理由の一つには、半単位(小麦粉150グラム)で作ったというのもあるかも。門間みかさんの本「ほんのりしあわせ。おうちパン―ぱん工房「くーぷ」のBakery Diary 」にも「初めて作るなら、ミニクロワッサンがお勧め」ってあるしね~。やっぱり、大きいと規定のサイズまで伸ばすのが難しいもん。

 

クロワッサン


 

 

初クロワッサン、点数をつけるとすると80点かなぁ。成型に反省点がたくさん。巻き終わりの位置が悪くて、ふくらみが悪いのがあったし。あと、照り卵を塗るのに、刷毛が引っかかっちゃって、生地を痛めちゃったし。ただ、折り込みは満点に近かったかなあ?しっかり層も出来てたし、って写真を撮り忘れちゃった。

 

端っこの生地は、アルミカップにまとめて、照り卵をした後にグラニュー糖とアーモンドスライスをトッピングしたんだけど、これがオッパに大好評。「これって、もっとたくさん作れないの?あまくて、クロワッサンより好きだなぁ」だって。むむむ。なんだか複雑な気持ち。次は、デニッシュに挑戦するしかない??

 

 覚書:粉は中力粉の代わりにリスドール。捏ねはホームベーカリーを使用。粉に水分が行き渡ったら、バターを入れて、トータルで6分。計量から焼き上がりまで3時間強。

 

 



 

ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 

recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

 


 


PageTop

久しぶりのいちご大福

冷蔵庫にあんドーナツの残りのあんこがあるし、いちごもある。ふと「いちご大福」が頭に浮かんで離れなくなり、作ることにしました。

 

いちご大福を作るのは十数年ぶり。高校生のとき、調理実習で作ったんです。思い返してみれば、オムレットも作ったし、大学芋も作ったし。家庭科の先生の趣味だったのか、デザート系が多かったなぁ。マドレーヌも作ったような気もする。

 

いちご大福1

 

 

当時のレシピは失くしてしまったので、ネットで調べたり、ビストロのレシピブックを参考にしたりしました。求肥はレンジで作るのでとっても簡単。白玉粉100グラムに砂糖35グラム、水150㏄の配合で、今回は7個分でした。小粒のいちごを使って、あんこ玉を小さくすると、10個ぐらいは作れるかも。コツは何といっても打ち粉として使う片栗粉をケチらないこと。思い切って、たーっぷりまぶしながら作れば、手にべたべたとくっついてイライラすることもほとんどないと思います。

 

いちご大福2


 

 

断面図はこんな感じ。「ただのあんこだと思ったら、いちごが入っててびっくりした」といちご大福初体験のオッパは驚いてました。でも、かなり気に入ったみたいで、「また、作ってね」とリクエストも。また、あんこを買ってこなくっちゃ。



ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 

recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

 





PageTop

パン屋さんのパン?

一昨日はホームメイド協会のパン教室へ。12月はクリスマスメニューの講座がたくさん開かれているので、教室は活気にあふれていました。

 

パンⅢ-2


 

 

パートⅢ-2は、3種類も習うので大忙し。どれも、パン屋さんに並んでるようなパンばかりで、「お家で、絶対作るぞ~」と思いました(って、いつも思うだけで、なかなか実行に移れないんだけどね……)。

 

手前がプチライブレッド。ライ麦にキャラウェイシード、胡桃入り。これがめっちゃおいしい!家でツナサンドにして食べたんだけど、キャラウェイシードの風味が何とも言えずいいの。ただ、サンドイッチにするにはちょっと食べづらいかなぁ。コロンとした型が可愛いんだけど、かなり厚みがあるもんだから。サラン。は平気だったけど、オッパは「美味しいけど、あごが疲れるよ~」と辛そうでした。でも、上新粉を振ってクープを入れるという成型は、簡単なのに本格的に見えるので、サンドイッチに合うように工夫してみようかなぁ。

 

そして、右奥はココアブレッド。コンデンスミルク入りのほんのり甘いパンです。これも成型が可愛い~。黒生地と白生地を重ねて巻き込んだものを、2本並べて食パン型に入れると、こんな模様になるんだけど、なんだか不思議。カットするまで成功してるか分からなくて、ドキドキ。包丁を入れて切り口が見えた瞬間、歓声があがりました。

 

左奥はレーズンブレッド。実はパートⅠの3回目で習ったものと、同じ配合で成型が違うだけ。でも、今回のほうが成型が絶対に見栄えがする!ライブレッドもそうだけど、こちらも応用も効きそうだし。とはいえ、サラン。のはいまいちの出来でした。山が3つなくちゃいけないのに、真ん中の山だけが盛り上がっちゃって……。前回は試食のみだったけど、今回は1本丸ごと(0・75斤のミニ食パンサイズ)お持ち帰り~。オッパも「これは美味しい。甘いしね。好きだよ」と絶賛。一人で、半分を一気に食べてました。同じ甘い系でも、ココアブレッドの反応は薄かったのに……。違いは何なの?

 

レーズンブレッドは教室で、焼きたて熱々を試食したんだけど、クラムがふわっふわで耳はカリカリ。本当に美味しかったの。冷めてからとは、ひと味違うんだよなぁ。この美味しさ、オッパにも食べさせてあげたいので、絶対に作らなくちゃ。成型の練習もしないといけないしね。材料もそろってるし、次のパン焼きはレーズンブレッドに決まりかな。

 

ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 

recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

 

 


 


 


 


 


PageTop

「ごめんね」のハンバーグ

「オッパの好きな、我が家の味ナンバー1ってなんだろう?」と、ふと疑問に思って聞いてみたところ、返ってきた答えは「ハンバーグ。ちょっと意外……。でも、よく考えてみたら、韓国料理だと「オンマ(お母さん)の味」には簡単には敵わないだろうしね。そういえばハンバーグって、結婚前にサラン。がオッパのために作った数少ない料理(片手で数えて足りちゃう……)の一つだなぁ、と懐かしく思い出したりもしました。


 

で、数日前、喧嘩しちゃったサラン。とオッパ。「ごめんね」の意味を込めて、今日の夕飯はハンバーグにしてみました。


 

ハンバ-グ


 

 

やっぱり、夜ご飯の写真は撮るのが難しい~。すっごく微妙な写真になっちゃったよ。お料理教室で習ったレシピで、盛り付けも、そのときより上手に出来たと思ったのになぁ。でも、味は大満足!オッパも喜んでくれたしね。


 

ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 

recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

 

PageTop

お家でドーナツ

「家では多分、作らないだろうなぁ」なんて言いながら習ったドーナツ。それなのに、朝の弱いサラン。が、お休みの日に早起きまでして揚げちゃいました

 

ド-ナツ1

 

 あんドーナツにツイストの2種類。オッパの通っている教会のバザーのためだったんです。テキストをパラパラめくりながら、「どれにする?ロールパンとかどう?」と提案したんですが、「甘いパンがいいなぁ。出来たら、数をたくさん持って行きたいし」というリクエスト。型がなくて作れないものもあるし、材料を買いに行くのがちょっと億劫なものもあるし。消去法で考えていくと、材料もそろっているドーナツがいいのではという結論に達してしまったのでした。なんといっても、ドーナツは1単位(小麦粉300グラム)で16個もできるしね。(写真に14個しか写ってないのは、オッパが味見したから)

 

ド-ナツ2


 

ラッピングして、いってらっしゃーい。一つ100円。売れるかどうか心配だったけど、オッパから「一瞬で全部売れたよ~」というメールが来て、ほっ。安心しました。

 

チョコチップロ-ル

 

 

ついでにこちらも。ドーナツの前日に焼いたチョコチップロールです。オッパがテキストを見ながら「これ美味しかったよねと言ったもんだから。手捏ねで2分の1単位(小麦粉150グラム)を捏ねたんだけど、苦労の割には不満の残る出来でした。焼きたてはふわふわだったんだけど、すぐ硬くなっちゃって。バターも卵もたっぷり入ったリッチな生地なのに~。グルテン膜が微妙だったのに強行しちゃったのと、2次発酵が足りなかったのかなぁ。やっぱり、パン作りは難しいね。



ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 

recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

 


PageTop

国際結婚式

先日、出席させてもらった結婚式、新郎が韓国人、新婦が日本人という、我が家と同じ組み合わせでした。実は、サラン。にとって、国際結婚式初体験。サラン。は、韓国→韓服でオッパの家族と写真撮影&食事会、日本→サラン。の親戚&友人を招いてのお食事会、グァム→チャペル結婚式と、一般的な「結婚式」というか「披露宴」をしなかったもんだから。

 

色々と感慨深い結婚式だったのですが、一番心に残っているのは、なんといっても新郎とお母様。お色直しのための退場って、新婦&母という組み合わせが普通じゃない?で、新郎は、ひとりぼっち。でも、さすが両親を大切にする韓国人!新郎&母が手をつないで退場したの。大学生の頃、アルバイトでたくさんの結婚式を見たことがあるサラン。も、びっくり。その後、じわっと感動しちゃいました。

 

そして、「20年後、30年後の自分も、こんなふうに息子と手をつないで歩きたいなぁ」と妄想したり……。そうなんです、赤ちゃんは男の子でした。男の子だと結構早くに分かるみたいなんだけど、なかなか分からなくって。しかも先生に「女の子の可能性、あるかなぁ」なんて言われてたもんだから、もうびっくり!ふたりして、しばらく混乱しちゃいました。

 

結婚式2

 

 

これは、結婚式で頂いた一皿。そして、デザートも。こちらのお料理はどれも盛り付けが素敵で、思わず写真を撮っちゃいました。

 

結婚式3

 



ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 


recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

 

PageTop

幸せのおすそ分け

先日、オッパの知り合いの結婚式に2人で参加してきました。結婚したばかりの頃の新鮮な気持ちを思い出したりして、なんだか暖かい気持ちで帰ってきました。

 

おすそ分け1

 

 


引き菓子に頂いたパンで、早速、お昼ご飯。って、写真を急いで撮ったから、ランチョンマットが皺になってる……。がっくり。

 

おすそ分け2

 

 


GRAND MARBLEのデニッシュなんだけど、ほんのり甘みがあって、ふわふわ。軽くていくらでも食べられちゃいそう。今回はそのまま食べたんだけど、残りはトーストして食べ比べしなくっちゃ。

 

引き菓子にパンって、珍しいなぁと思ったけど、こちらのパンは結婚式でよく使われるみたい。幸せのおすそ分け、ご馳走様でした~。

 



ランキングに参加してます。押してもらえると励みになります。  

 


recipe_blog_1.gif


banner_02.gif

 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。